イメージはメモしないと忘れるぜ!

CARDFIGHT!ヴァンガードのデッキレシピを掲載しています。また環境ごとにまとめをしたりデッキ構築論を語ったりしています。興味を持たれた方はTwitterID:renge_syamoji(http://twitter.com/#!/renge_syamoji)をフォローしてみてください。

カテゴリ : ロイヤルパラディン

解放者と正面から戦えるのはこいつだけ。環境の一角。

G3×7
純真の宝石騎士 アシュレイ×2
騎士王 アルフレッド×1
導きの宝石騎士 サロメ×4

G2×11
沈黙の騎士 ギャラティン×3
友愛の宝石騎士 トレーシー×4
教条の宝石騎士 シビル×4

G1×14
小さな賢者 マロン×2
宝石騎士 ぷりずみー×4
必中の宝石騎士 シェリー×4
閃光の宝石騎士 イゾルデ×4

G0×18
大望の宝石騎士 ティファニー×2 FV
幸運の運び手 エポナ×4
炎玉の宝石騎士 ラシェル×4
専心の宝石騎士 タバサ×4
熱意の宝石騎士 ポリー×4

宝石ネーム率40/50 トリガー率8-4-4

解説
バンバン殴ってガンガン殴られて4点になったら反撃開始だ。
え?何ずっと殴ってるって?

いいんだよ。反撃なんだよ。認めろよ。













さすがにこれだけだとひどいのでいくつかポイントを書いておきます。

1.FVのティファニーは必ず両脇に置く(V裏に置かない)
ティファニーを効率よく使わなければ勝つことはできません。

+3kのパンプ先としては

3点以下 V裏優先。あとは要求値が変わるようなところに。
4点    V裏優先。上と同じ。
5点    Rの出力が2ラインとも変わるならR優先。1ラインだけならV裏。

要するにV裏のパワーを上げとけってことです。

V裏をパンプするためにはティファニーがV裏にいると困る。そういうことです。

2.シビルはダメージゾーンをよく見て使え
サロメは宝石ネームのダメージをコストとして使用します。
ギャラティンやマロン、エポナなどのカードはシビルでささっと使ってしまいましょう。

4枚中3枚ノイズみたいなことがたまにありますがこれがVGだ!と叫んで泣きましょう。

3.ブレイクライドを狙うな
基本的にサロメに乗って戦います。
来ない場合は騎士王に乗ります。あくまでこのデッキのサブVは騎士王です。
間違ってもアシュレイ残し4チェンジとかはしないように。
残していいのは123そろっている時だけです。

マジェ1ぶれいぶ1の新環境マジェのレシピです。
早速ですがレシピを御覧ください。

G3×5
ソウルセイバー・ドラゴン×2
マジェスティ・ロードブラスター×1
爆炎の剣士 バロミデス×2

G2×13
ブラスター・ブレード・スピリット×3
ブラスター・ブレード×4
ブラスター・ダーク×3
スターコール・トランペッター×3

G1×15
小さな賢者 マロン×4
ぽーんがる×4
湖の巫女 リアン×1
閃光の盾 イゾルデ×4
といぷがる×2

G0×17
ういんがる・ぶれいぶ×1 FV
アラバスター・オウル×4
幸運の運び手 エポナ×4
まぁるがる×4
世界樹の巫女 エレイン×4

解説
ツクヨミやジエンドとは違いデッキに1枚でも十分に機能するのがマジェの強みです。
マジェ1枚だとぶれいぶでサーチ前提って感じになるので
ぶれいぶ+ブラスターの攻撃はほとんどお願いガード投げられると思います。
そこでぶち抜けばほぼ勝ち。防がれてもサブVに乗ってそれっぽく戦って勝負です。

そろそろ本題に入りましょう。

多くのプレイヤーはマジェ1ソウルセイバー2からデッキ構築をスタートさせると思います。
一応サブV候補としては光の牙ガルモールやアルフレッド・アーリー、ペンドラゴンなど
やれそうな感じがするユニットはいくつかあります。
特にペンドラゴンはソウルセイバーとの相性も良く決まれば強そうです。
しかしながらこいつら積むぐらいならG3は3枚でいいやってなるのが現実です。

結局マジェ1セイバー2で残った枠にRで仕事するバロミデスを積むのが自然でしょう。

G2枠は10kブラスターのブラブレスピリットは積んでみたいカードです。
それと同時にこいつと相性のよいスターコールも何枚か積んでみたいです。
逆にマジェに絶対に乗るわけではないのでブラダは減らす方向になりそうです。
あとぽーんがるを積む関係上サーチ枚数の多いアカネは入れても良いと思います。
といぷがるだけをサーチするだけに積むのはちょっともったいないですからね。
もちろんガルモールシリーズ+すのがるを積むから採用という考えもあります。
スペースが空いたら基本的にスピリットシリーズを積めばいいと思うので
ギャラティンなどのG2バニラは入れることはないと思います。

G1はマロン、ぽーんがる、イゾルデまでは自然に4積みになるでしょう。
あとはリアンやといぷを何枚積むかって話になると思います。
個人的にはマジェ素引きは諦める=リアンは削るという考えになっています。
それでも2ターン目ブラダライドがありえるのでリアンは1〜2枚ぐらいは積みたいです。
といぷがるはG3が3枚ならいらないのでG3を多めに積むならといぷを最低2枚、
積まないならそこの枠をリアンにすれば良いと思います。

トリガーに関しては難しい問題だと思っています。
安易にクリ12やクリ10ドロー2などに手を伸ばしてはいけないのではないでしょうか。

騎士王軸は騎士王の性能上ドローいれない構築で回すことが可能でした。
しかしソウルセイバーは盤面すべて埋める必要があります。
ハンドを増やすドローかダイレクトにボードを埋められるアカネかガルモールか。
何か対策を用意しなければ展開事故で苦しい戦いを強いられます。
まあ、セイバーにライドする時はほぼ100%マジェのサーチに失敗したときですから
間違いなくV裏にはぶれいぶがいますよね。だからVのブーストは必要ないと思います。
だから埋めるべき盤面は残り4枠なのですが、
単体で12kがでるユニットが入っていないであろうこのデッキにおいて
それは簡単なようで難しい問題のような気がします。

よくわからないので今回はドローを4積みしました。
マジェに乗れた時にドローないとかなり苦しくなるのでそういう展開も見据えています。

ただし騎士王がいない時点で除去には弱いです。
今後現れるであろうゴクウ軸にはかなり苦戦を強いられそうです。

G3×7
ソウルセイバー・ドラゴン×2
爆炎の剣士 バロミデス×1
騎士王 アルフレッド×4

G2×11
沈黙の騎士 ギャラティン×4
決意の騎士 ラモラック×2
ブラスター・ブレード×4
ハイドッグブリーダー アカネ×1

G1×15
小さな賢者 マロン×4
湖の巫女 リアン×3
閃光の盾 イゾルデ×3
といぷがる×2
ぽーんがる×3

G0×17
ういんがる・ぶれいぶ×1 FV
アラバスター・オウル×4
幸運の運び手 エポナ×4
未来の騎士 リュー×2
まぁるがる×2
世界樹の巫女 エレイン×4

解説
もう何回目の投稿になるのかわからない騎士王軸。
毎回少しずつ工夫はしていますがそれはつまりどれが最適解かわからないということです。
クリティカル増量のドローを減らした構築になっています。
イゾルデが3枚なのは苦渋の決断。10kVでやっていけるか不安。
フラットで殴っていく感覚でぽーんをセイバーにかえて再びフラットで殴るイメージ。

現在調整中。

G3×7
マジェスティ・ロードブラスター×3
爆炎の剣士 バロミデス×3
騎士王 アルフレッド×1

G2×11
ブラスター・ブレード×4
ブラスター・ダーク×4
スターコール・トランペッター×3

G1×15
小さな賢者 マロン×4
湖の巫女 リアン×3
友誼の騎士 ケイ×2
閃光の盾 イゾルデ×4
といぷがる×2

G0×17
ういんがる・ぶれいぶ×1 FV
アラバスター・オウル×4
幸運の運び手 エポナ×4
まぁるがる×4
世界樹の巫女 エレイン×4

解説
前回の大阪大会のレシピを少し攻に傾けた感じ。
イゾルデを3枚にするほうが攻めは強いと思うけどさすがに自重。
マジェキープ4チェンは基本。
ガチで勝ちにいくならマジェ・ブラブレorブラダ残し3チェンか。

地区大会3つ分のデッキレシピが公開されました。
ジエンド、マジェ、オラクルを主軸に残り1枠にゴルパラかシャドパラかって感じでした。
騎士王軸なんてどこにもなかったけどそれでも俺はこいつを研究する。

騎士王ちょーつえーって言わせてやるもんね!

G3×7
騎士王 アルフレッド×3
ソウルセイバー・ドラゴン×2
爆炎の剣士 バロミデス×2

G2×11
決意の騎士 ラモラック×2
沈黙の騎士 ギャラティン×4
ブラスター・ブレード×4
真理の騎士 ゴードン×1

G1×15
小さな賢者 マロン×4
ぽーんがる×4
閃光の盾 イゾルデ×4
といぷがる×3

G0×17
ういんがる・ぶれいぶ×1 FV
アラバスター・オウル×4
幸運の運び手 エポナ×4
まぁるがる×4
世界樹の巫女 エレイン×4

解説
3-2-2型騎士王セイバーバロミデスです。
先日のレシピをコピペしてちょっといじって完成しました。
基本形から騎士王とゴードンを1枚ずつ抜いてバロミデスを2枚投入しました。

これでRで20k以上出るようになったのでかなり攻撃力が上がりました。

今回バロミデス投入の際にセイバーとG2バニラを抜くっていう選択肢も考えたのですが
G2時8kライド事故とセイバーがダメージに落ちてぽーんがるが腐る展開が怖くて見送りました。

ぽーんがるはこのデッキの主軸ともいえるカードです。

前衛不足と後衛不足のどちらにも対応できるユニットはヴァンガードにおいてこいつだけです。
CB1でソウルに入って前衛持ってきて空いたスペースは好きにしろとか最高のカードですよ。
だからセイバー2枚積みたいんですよね。2枚なら1枚はサーチできると思うので。

いや、両方素引きしたとかダメージに落ちたとかそんなクレームはやめてくださいwww

最近使っているロイパラ。というか5弾ぐらいからずっとこんな感じ。
5弾からの変更点?そりゃラモラック入ってバニラが増えたぐらいかな。

G3×6
騎士王 アルフレッド×4
ソウルセイバー・ドラゴン×2

G2×12
決意の騎士 ラモラック×2
沈黙の騎士 ギャラティン×4
ブラスター・ブレード×4
真理の騎士 ゴードン×2

G1×15
小さな賢者 マロン×4
ぽーんがる×4
閃光の盾 イゾルデ×4
といぷがる×3

G0×17
ういんがる・ぶれいぶ×1 FV
アラバスター・オウル×4
幸運の運び手 エポナ×4
まぁるがる×4
世界樹の巫女 エレイン×4

解説
騎士王軸の最古参と言える4-2型騎士王セイバーのレシピです。
最近少しパワーが足りないなぁと感じることはありますが十分に強いと思います。
EB3でラモラックというG2バニラが追加されました。
これによりG2:8kユニットを3〜5枚いれないといけない状況から脱却できました。
2ターン目ライド用ユニットがバニラ6枚+ブラブレ4枚の計10枚は素晴らしい。

とりあえずいつもどおりユニット採用について述べておきます。

G3について
ロイパラ最強のリアガードであるバロミデスは今回いれていません。
本当は入れたいです。ですがG3を6枚にしたいので泣く泣く切りました。
この枚数だとどうしてもV向けじゃないカードは入れにくい。
G3を7枚にして3-2-2か4-1-2の騎士王バロミセイバーにするのはありだと思います。
アカネを入れるなら前者、いれないなら後者って感じでしょうか。

G2について
ぶれいぶとの相性の良いブラブレは4積み。
バニラは手厚く6枚入れています。枚数比はお好みで良いでしょう。
ゴードンは騎士王との相性が良いので2枚いれています。3枚目欲しいけど枠きつい。
アカネは不採用です。ドロートリガーを入れた場合は何となくいれない感じにしています。
星12にしちゃうと逆にアカネ必須だと思いますね。ライン形成大切。

G1について
騎士王セイバーにおいてこの15枚はもはや基本セットと呼ぶべきものでしょう。
ロイパラのG1は思考停止でこの4種類で良いと思います。
ですが今回はG3が6枚しか入っていないのでといぷよりはリアンかもしれません。
まあ、この辺はお好みで調整してください。

やっぱりトリオは安定して戦える騎士王軸はありだと思うんだけどなぁ・・・。

すのうがるをリアにがんばって並べよう。
ぽーん、アカネ、ガルモールでデッキを圧縮しているので終盤のトリガー率が高い!

G3 ガラハッド☓4
   ソウルセイバー☓2

G2 ガラハッド☓4
   アカネ☓4
   ゴードン☓1
   ガルモール☓3

G1 ガラハッド☓4
   すのうがる☓4
   ぽーんがる☓4
   イゾルデ☓3

G0 オウル☓4
   エポナ☓2
   まぁるがる☓4
   ゴヴァノン☓2
   エレイン☓4
   どらんがる☓1

解説
うまくガラハッドにライドできればかなりのアド。
セイバーへの再ライドも見ながらじっくりと攻めれば勝機は見えます。
ただRが弱いので対ロイパラやトム有するオラクルには苦戦するでしょうね。
除去には割りと強いです。アカネやガルモールでG1をどんどん持って来られるので。

強いと言っても限度があるのでそこを超えたらもうどうしようもありませんがね。

昨日カラオケショップで回していたらかなりの勝率だったので公開。

G3 騎士王3枚ソウルセイバー2枚バロミデス3枚
G2 ガラハッド3枚ギャラティン3枚ブラブレ2枚アカネ2枚
G1 ガラハッド4枚マロン4枚といぷがる2枚ぽーんがる2枚イゾルデ3枚
G0 どらんがる1枚エポナ4枚オウル4枚リュー1枚ふろうがる2枚まぁるがる1枚

やっぱり騎士王は強い。
そしてピン刺しのまぁるがるが何故かよく出る。素引きしてもそこまで痛くない。
あ、でも騎士王軸ですがゴードンはスペースがなかったので入ってません。
そのためドローを削って10000ガード多めにしています。

ふろうがる入れているのは趣味枠じゃないです。
スタンドはあるのとないのでは大きな違い。完ガが多い環境なのでスタンド強い。
ソウルセイバーSBぶっぱと合わせてゲットしましょう←その確率ひくすぎだろ

バロミデスが強くてこのデッキ弱いわけないんだけどね。
G3が8枚なのでぽーんがるを削っています。といぷとぽーんはアカネで呼びましょう。

G3 ソウルセイバー2枚ボールズ1枚バロミデス4枚
G2 ガラハッド4枚アカネ4枚ギャラティン3枚
G1 ガラハッド4枚マロン2枚イゾルデ3枚ぽーんがる3枚といぷがる3枚
G0 オウル4枚エポナ4枚リュー1枚まぁるがる3枚エレイン4枚どらんがる1枚

解説
バロミデスだしてビートします。G1はアカネで呼びます。以上。

いやマジこれだけ。ほかに語ることはないですね・・・。
あ、バロミデスは無理して守る必要はないです。だいたい引いてくるんで。
もちろん持ってないなら全力ガードですよ。毎ターン2点は入れていかないと勝てないです。

博多2位のデッキを少しアレンジ。

【持久戦型ロイパラ騎士王軸】
G3 騎士王アルフレッド4ソウルセイバー3
G2 ブラブレ2ランドルフ4ギャラティン4
G1 イゾルデ4ぽーんがる4ユニコーン3マロン2
G0 ばーくがる4エポナ4リュー4ふろうがる4エレイン4

【解説】
ランドルフが多めなのは11000のヴァンガード対策。
ばーくがるガン積みはかげろう対策ではなく
スペリオル→ばーくがるコールでアドを失わずにブラブレライドし、
Rにギャラティンやランドルフをコールするためである。

まあ、大会実績あるし何とか回るんじゃないですかね。
俺はデッキ組んでもこれは使いませんね。
G1が少ないのは嫌いなんですよ。

このページのトップヘ