イメージはメモしないと忘れるぜ!

CARDFIGHT!ヴァンガードのデッキレシピを掲載しています。また環境ごとにまとめをしたりデッキ構築論を語ったりしています。興味を持たれた方はTwitterID:renge_syamoji(http://twitter.com/#!/renge_syamoji)をフォローしてみてください。

カテゴリ : かげろう

来月末の大阪地区大会にむけて本気出していきます。
なにせ10月も半分が過ぎましたからね。
重い腰をあげてデッキの調整をしていきます。

とりあえず今日は8弾用に改良したジエンドを紹介します。

G3×8
ドラゴニック・オーバーロード×4
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド×4

G2×11
ドラゴンナイト ネハーレン×4
十字撃ち ガープ×2
バーニングホーン・ドラゴン×1
バーサーク・ドラゴン×4

G1×14
鎧の化身 バー×4
ドラゴンモンク ゴジョー×4
希望の火 エルモ×2
ワイバーンガード バリィ×4

G0×17
リザードソルジャー コンロー×1 FV
槍の化身 ター×4
ブルーレイ・ドラコキッド×4
ガトリングクロー・ドラゴン×4
ドラゴンモンク ゲンジョウ×4

解説
G2を調整しました。
除去したいユニットが多いのでバーサークを4積みすることにしました。
そして対マジェを意識してバニホ削ってでもバニラを増やしました。

と、ここまで書いておいて思うんです。
バーサーク削ってキンナラ入れたほうがいいのでは・・・と。

というわけでG1の配分調整はこれからしていきます。
キンナラは入れるなら2枚以上いれないと仕事しないので
まずは今の構築でどれぐらいやれるのか調べてみます。

どのG1を減らしていれていくのか・・・そして6k増量に伴うバニホ枚数変動などを
2週間ぐらいである程度データとりたいものですね。

今回の権利戦はすべてジエンドを使っています。
マジェやオラクルも強いのですがやはり安定性が違いますね。
困ったときのゴジョー、V裏のエルモはマジ強いです。

で、ガチのジエンド使っている私の最近の成績はですね・・・

8/4 末広カードボックス ◯◯× 決勝で負け
8/5 阿南フレンズ ◯◯◯× 決勝で負け

ちょっと勝負弱すぎじゃないですか?
というか雑魚すぎるでしょ・・・あかんこれはあかん。

残す権利戦はあと3つ。
何とかして取りたいものです。

余ったスペースに今使っているジエンドのレシピを書いておきます。

G3×8
ドラゴニック・オーバーロード×4
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド×4

G2×11
ドラゴンナイト ネハーレン×4
バーニングホーン・ドラゴン×4
バーサーク・ドラゴン×3

G1×14
鎧の化身 バー×4
ドラゴンモンク ゴジョー×4
希望の火 エルモ×2
ワイバーンガード バリィ×4

G0×17
リザードソルジャー コンロー×1 FV
槍の化身 ター×4
ブルーレイ・ドラコキッド×4
ガトリングクロー・ドラゴン×4
ドラゴンモンク ゲンジョウ×4

解説
8-4-4型ジエンドです。
見てわかるように必要なユニットだけの超安定型になっています。

8-4-4のトリガー配分にした理由ですか?

そりゃもちろん無難構築で星少なくすると勝ちづらいからです。
星が7枚か8枚。この1枚の差が大きいのですよ。




権利戦のジエンドミラーで星が5枚のデッキに4枚めくられて憤死しましたけどね。




決勝までいくだけでたいへんなのに・・・あと1勝か。みんな手加減してくれー。

何で今頃昨年の大会の優勝レシピを書くのか・・・ふふふ、それは秘密です。

G3×6
ドラゴニック・オーバーロード×4
フレアウィップ・ドラゴン×2

G2×12
ドラゴンナイト ネハーレン×4
バーサーク・ドラゴン×4
ベリコウスティドラゴン×4

G1×15
鎧の化身 バー×1
アイアンテイル・ドラゴン×4
ヒートネイル・サラマンダー×1
希望の火 エルモ×2
ワイバーンガード バリィ×3
ドラゴンモンク ゴジョー×4

G0×17
リザードソルジャー コンロー×1 FV
ブルーレイ・ドラコキッド×4
槍の化身 ター×4
ガトリングクロー・ドラゴン×4
ドラゴンモンク ゲンジョウ×4

2011年12月時点でのカードのみを使用しています。
ジエンド?なにそれこわいそんなのいないよ。

今使っているかげろうのレシピです。
ペルソナとか知らねぇって感じのバーサーク4積みです。
やっぱり後ろを焼いて見えないアド稼いでいくほうが性にあっているような気がします。
もちろんジエンドプレッシャーも強いのでガンガンかけていきましょう。

レシピは以下のとおり。

G3×8
ドラゴニック・オーバーロード×4
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド×4

G2×11
ドラゴンナイト ネハーレン×4
バーニングホーン・ドラゴン×3
バーサーク・ドラゴン×4

G1×14
鎧の化身 バー×4
ドラゴンモンク ゴジョー×3
希望の火 エルモ×2
魔竜導師 キンナラ×1
ワイバーンガード バリィ×4

G0×17
リザードソルジャー コンロー×1 FV
槍の化身 ター×4
ブルーレイ・ドラコキッド×3
ガトリングクロー・ドラゴン×4
ドラゴンダンサー モニカ×1
ドラゴンモンク ゲンジョウ×4

解説
バーサーク4積みの除去メインのかげろうです。

このデッキは明らかにCB2、CB3のユニットが多いのでキンナラはピンにしました。
本当は2枚ぐらい入れたいのですがコスト回復のベリコウスティドラゴンがいないので見送りました。
ゴジョーは甘えの3枚です。4枚積みたいのですがバーを4枚積むことを優先しました。
バニホを1枚削ったのが大きくどうしてもバニラはガン積みしたいのです。
あとは完ガの枚数を4弾以前のように4積みに戻しました。
ライド、ダメージ、手札交換で消費してもデッキに多く残るようにしました。
ハンドにバリィがダブらないようにうまく切っていくのがポイントですね。

以下はいつもどおり各グレードの採用について。

G3について
思考停止オバロ・ジエンド4積み=8枚体制。
特に書くことはありません。

G2について
ベリコウスティドラゴンを採用=ネハーレン減らす・・・という選択肢は
対マジェを意識すると非常に危険なのでやめました。
9kはブラブレorブラダ単体で殴られるのでやっぱりバニラは4枚積みたいです。
今回はバーサークを4積むことがコンセプトなので5枚目以降のバニラはなしで。
オバロ・ジエンドのG2枠はバニホ、ネハーレン、ガープ、バーサーク、ベコの5種類しか
基本的に選択肢ないと思うのでそこから自分の好きなカードを選べばいいと思います。

おい、そこのフレイムエッジあるじゃんみたいな顔している奴は寝なさいw

G1について
ゴジョーを4積みにしてライド事故回避に走るのも良いと思います。
またキンナラではなくガード・グリフォンを採用するのもありでしょう。
かげろうのG1はコンセプトによっていろいろいじれるのが良いところです。
今回はライン形成的に厳しくなるのでヒートネイルは採用しませんでしたが、
バニホを4枚しっかり積んでドロトリ6枚以上にしてヒートネイルで煽っていく型も悪くないと思います。

G0について
8-4-4構築じゃないのが珍しいなぁって感じですね。ドロトリは5枚いれています。
昔は星8体制で回していたのですが私のプレイング的にちょっときつかったです。
スタンドトリガーを使っていた時期もありました。
が、今回はバニホを減らしたので不採用とさせていただきました。

このデッキはとにかくCB使えるユニットは多いのが特徴です。
ジエンドをハンドにキープして2パンとかそんな情けないアタックはやめましょう。

ヴァンガードの基本は3パンです。攻撃回数こそ正義!

ああ、G3めくってスタンドさせたいわー。アシュラ・ジエンド来ないかなぁ。

みなさんごきげんよう。
今回は環境最強であるかげろうデッキのレシピを紹介します。
1つは対ユナイテッドサンクチュアリの安定した型。
もうひとつは対かげろうを視野にいれた長期戦型です。

対ユナイテッドサンクチュアリ型かげろう オバロジエンドSDH

G3 オバロ4 ジエンド4
G2 バーニング4 ネハーレン4 バーサーク3
G1 バー3 ゴジョー3 エルモ2 キンナラ2 バリィ4
G0 コンロー1 モニカ3 ガトリング2 ガンルー3 サラマンダー4 ゲンジョウ4

対かげろう長期戦型かげろう オバロジエンドSDH

G3 オバロ3 ジエンド4
G2 ネハーレン4 アーマード3 バーサーク2 ベリコウスティ3
G1 バー4 エルモ2 ゴジョー1 ヒートネイル4 バリィ3
G0 コンロー1 ガトリング4 サラマンダー4 ガンルー4 ゲンジョウ4

デッキの解説をしておきます。

前者は11k出力のあるオバロ×8とバーニングで相手の場を滅ぼしつつアドを稼いで勝つデッキです。
若干CB枠が厳しいですが序盤に3パンされることを考えるとこの配分で仕方ないような気がします。
一応キンナラとバーサークの合計5枚あるのでジエンド13kができなくても従来通り戦うことができます。
もしデッキをいじるならバーサークの枚数を調整してアーマードやベリコウスティを入れると良いです。
あとキンナラ枠はヒートネイルやルルド、スケイルに変更するのもありです。

後者は相手の前衛をとにかく殲滅して10kや11k、13kの守備力をいかすデッキです。
ヒートネイルやベリコウスティ、Vジエンドの3枚のカードで序盤から相手のガードを切らせていきます。
ヒートネイルのためにVでRを殴ることも多々あります。
相手の戦力がなくなってきた時にジエンド2連続きめると圧倒的手札の前に相手は滅びます。

どちらのデッキもスタンド型なのでダメージ調整する必要があります。
基本的に同点もしくは1点多い状態を維持しヒールの空撃ちをしないようにします。
こちらの攻撃は必ず1点刻みなので星で2点入っちゃったーみたいな展開にはなりません。
前者はCB枠が多いので結構かつかつです。逆に後者はゆるゆるなのでかなりの余裕があります。
適材適所で使う前者と使い切れれば勝ちの後者。どちらもプレイングを要求されます。

クリティカルまんせーの5弾環境だと思われがちですが、
完ガガン積み構築とVの攻撃を止めなければいけない状況が続くと
終盤のダメ押しスタンドトリガーがかなり強いです。

相手のダメージを5点にしたまま自ターンの攻撃に繋げられればかなり勝てます。

とりあえずジエンド強いです。壊れです。ありえないぐらい強いです。
次はこのデッキに強いロイパラデッキでも紹介しましょうかね。


某氏がかげろうデッキを組むとかいってたので負けずに作ってみました。
コンセプトは除去しない(笑)
・・・というのは嘘で、アーマードをうまく使ってみたいってのが真実です。
G2に10000バニラが2種類(制約ありますけど)あるのはかげろうだけ。
5枚目のネハーレンと呼ばれるこの残念なカードを今回は活躍させてみようと思います。

カップボウラー?なにそれ、そいつは無理だ。どうしようもない。

【除去なしかげろうビート】
G3 オーバーロード4 エクスキューショナー3
G2 ネハーレン4 アーマードナイト4 ヘルガー3
G1 バー4 ゴジョー4 アイアンテイル4 バリィ3
G0 ター4 ラクシャ4 ゲンジョウ4 ガンルー4 コンロー1

【解説】
G1には何にでもライドして良し。問題はG2以降。
序盤のアーマードは8000バニラみたいなものなので、
アーマードをVに、Rにはヘルガーとネハーレンを置く。
G3はオバロ推奨。エクスでもいいけど守備力が違いすぎる。

というわけでゴジョーはマリガン時に必ず残す。
デッキをぶん回して上の条件を満たす。
特にVオバロになれるかなれないかは勝率にかなりの影響を及ぼす。

エクス+バーのラインを大事にするためにコンローはバー専門みたいなもの。
除去がない分アドを取りにくいところはあるが全体的にパワーが高いので
ロイパラ以外にはそう殴られることはないでしょう。

展開してきた相手にはG3になった瞬間にオバロCBをぶっぱなしましょう。
3面で殴ってこない相手は無視です。形勢が悪いわけありませんから。
その場合はオバロの守備力とエクス+バーの攻撃力で圧倒してしまいましょう。

アーマードを3枚抜いてバーサークにしても十分に回ります。
そっちのほうがいい・・・という人も多いかもしれませんね。

アニメ1話、2話、7話を見て予想して組みました。
ちょっと工夫すればアリフデッキに切り替わるので
そちらも載せておきます。

【G3】:8枚
 オーバーロード×4 ボーテックス×2 勝利アリフ×2 

【G2】:10枚
 ネハーレン×4 ドラゴンナイトアリフ×4 テージャス×2

【G1】:13枚
 バー×4 エルモ×4 バリィ×3 ジャラン×2

【G0】:19枚
 ター×4(☆) モニカ(引)×4 ガンルー(醒)×4 ゲンジョウ(治)×4 アンドゥ×3

【解説】
アニメではヴァンガード強豪らしいカイ君ですが、
組んでいるデッキは非常にスタンダードで面白みがありません。
正直、これを使って連戦連勝は相当難しいと思います。

どう見ても決定力不足。

クリティカルを8枚にすると十分戦えそうな感じです。
ファンデッキとしては完璧でも
実践ではちょっと・・・みたいなデッキのように思えます。


アリフデッキにするためには
ファーストヴァンガードをコンローかターに。
オバロを1枚切ってボーテックスを加えればほぼ完成です。
トリガーはお好みで。
私はクリティカル8派です。

楽しいヴァンガードファイトを期待します。

このページのトップヘ