お久しぶりです。
何かノーエさんに紹介されたようですね。
せっかくなので1つだけ記事かいてまた半年ぐらい隠居します。

今回は現環境の降下法構築について、です。

昔のVGはカードプールがほとんどない癖に無駄にギミックだけ存在しました。
ゆえにデッキ構築が非常に重要で、ギミックにとらわれない無難な構築が重要でした。

ですが、現環境はそんなこと考えなくてもブシロードの言うとおりに組めば大丈夫です。

名称でデッキを固めると
自然にアタック時10k、12kのユニットが4積みになって
G2には能力持ち9kか名称持ちを突っ込んだ構築となります。

すなわち何もしなくてもスリムでコンパクトな構築になります。

というわけで降下法構築は過去の産物で
現環境は名称ついてるカードを積めばいいわけですね。
何?名称ついてないカードをいれたい?

それはこの環境で生きていけないのでやめましょう。

そういえば最近TDが発売したようですね。
撃退者(シャドパラ)とリンクジョーカー(新クラン)・・・どちらも強そうです。

まず撃退者ですが、安定して戦える感じがします。
黄色のクランらしい動きができるので好きな人にとってはたまらないデッキでしょうね。

次にリンクジョーカーですが・・・たぶんアドを直接とるクランにはならないと思います。
ロックが非常につよい能力なので色々制限がかかると予想しています。
ドロトリはたぶん1種類かな。ラックバード互換は来ないような気がしてます。

とりあえずVが単体で完結している能力だと抹消と環境を二分するように思います。