ヴァンガードのプレイングについて少しメモしておきます。
今回は中級者以下のための内容となっています。
わりと常識的なことを書いていきますので
知っている人は適当に読み飛ばしていただけたら幸いです。

1.序盤はフラットで殴れ。

フラットというのはブーストつけずに殴るってことです。
このゲーム・・・序盤はラインパワーより攻撃回数のほうが大切です。

10k要求2回より5k要求3回のほうが強いのです。

だからダメトリを恐れずにG2を並べて殴ってみよう。

2.倒れる時は前のめりで

G2はエスペ以外はすべて5kのガード値を持っています。
だから相手の5k要求に対してG2を切らないといけないようなハンドならば
先のターンに盤上に出しておかないといけません。
殴れなくても構わないのです。どうせガード値変わらないのだから出す一手ですよ。

注)G1も同じような理屈で場に出したほうが効率的には優位ということがあります。
  ただし除去されたり殴られたりで次の攻撃が苦しくなることもあるので
  今回は推奨プレイングにはしていません。

3.RのG2を殴るタイミングを逸するな

Vに攻撃=5k要求。RのG2に攻撃=10k要求。
この場合はG2を殴りましょう。
Vに攻撃が届かない。RのG2には攻撃が届く=5k要求。
この場合もG2を殴りましょう。
Vに攻撃=10k要求。RのG2に攻撃=10k要求。
Rを殴ると5k損するのでVを殴るべきです。
もちろん展開次第ではRを殴るほうが最善の場合もあります。


まとめ
G2は攻めて良し、守って良しの万能ユニット。
捌き方を覚えて上手に使っていきましょう。