ダクイレのレシピがごちゃごちゃして本当にイメージの暴走状態になっています。
追記分と元々の文をうまく並べてわかりやすく提示したいのですが・・・

もうなんかどこ直したらいいのかわからなくなったのであのままで放置します。
申し訳ないです。

とりあえず今回はダクイレ構築編です。
ユニットがかなり増えたので適当に感想書いていこうと思います。
基本的に7弾で収録されたカードのみでいきます。

仄暗き奈落の魔王 
パワー11k。リミットブレイクCB2でSC2+ソウル枚数+1kのパワーを得る。
リミットブレイクの能力はドリーンと合わさった時に恐ろしい力を発揮します。
加えてG1アモンやG2アモンのソウル6枚条件を満たすために使うこともできます。
ソウルチャージするだけですが活用範囲は広いです。

G3 逢魔ヶ刻の魔神戦車
G2 逢魔ヶ刻の冥界馬車
G1 逢魔ヶ刻の魔走バイク

ソウルに入っている枚数+2kの修正を得るユニットです。
パワーが上から10k、8k、6kと割りと厳しいラインナップになっています。
基本的に4積み必須のカードです。
しかしながらG3のバジリスク、G2&G1のアモンは4積みしなくてよいので
21k以上のラインを作ろうと思って採用するなら4積みしなくて済む方を選ぶべきでしょう。

ブレイドウイング・レジー
専用構築担当のG3。3回に1回は3ターンでソウル15枚を満たすイメージです。
先行とって最速で完成させてハンド全部なげうって効果はすべてヴァンガードっていうだけのゲームです。
ハンド全部使っているためもちろん返しはありません。割りと強いです。

エーデル・ローゼ
G2サーチ。自身のV効果は飾りみたいなものです。
このカードは7弾のカードではありません。
ですが自分の中でかなり評価が上がったカードの1枚なのでメモ程度に書いておきます。

エンブレム・マスター
レジーのお供。アモンのお供できるかなぁ・・・と思いましたが普通に仕事しません。
最初は評価していましたが徐々に産廃扱いにって感じのカードです。

媚態のサキュバス
弱いところなし。ニトロジャグラー強いんだからこいつも強い。以上。

ビースト・イン・ハンド
麗しのハルピュリア
いらない。ダクイレの高いラインパワーが失われるだけ。

フリー・トラベラー
ルーン・ウィーバー
こいつもいらない。理由は上と同様。

サイバー・ビースト
G2の7k。R4枚以上で相手Vにヒットすればワンドロー。
6弾環境以前は仕事するタイミングがシビアかつライドしたら死ぬので
いれるだけ損だろうと思われていたカードの1枚です。
しかしながらG2のライド事故回避(ローゼ)と9kブースト(ドリーンやアモン)があるダクイレなら・・・
そうG3にライドされても相手に10k要求させることができるのです。
ラインパワーの高いダクイレだからこそ輝くカードです。

グリーディー・ハンド
悪くないけど残念ながらローゼ+シャドーに劣る。

デビル・イン・シャドー
すっげー強く見えるシズク互換。やばいね。