4月からアニメはアジアサーキット編という新章に入りました。
よくわかりませんがロイパラ、かげろう、シャドパラの
メインユニットが封印されてしまったそうです。
アイチはロイパラ没収されゴルパラ使わされています。
カイは割りとノリノリでなるかみ使ってますね。レン?いまだ出番なしです。

早くレンを出せ。何?テツを出すから許せと?出すならアサカだろバカ。
注)7月1日時点での話です。何言ってるのおまえとか思わないでねw

さーて話を元に戻します。
一応新TDゴルパラ・なるかみが出た時点から約3ヶ月間(4月〜7月)が6弾環境となります。

新クランはゴルパラ、なるかみ、そしてエンジェルフェザーの3つです。
思い切ってデッキトップをめくってスペリオルコールする超運ゲーのゴルパラ、
除去・全体攻撃など割りとやれそうな感じでいまいち咬み合わないなるかみ、
ダメージから手札交換ができるクラン特色のエンジェルフェザー。

なんだかんだいって新クランはそれなりにやれました。

加えて、トリガーとリミットブレイクを得たグランブルーと毎度毎度の微強化のノヴァ、
エクストラブースターで一気にカードプールを増やしたメガコロニーとスパイクの
4つのサブクランはこの環境で強サブクランと呼べるまで上り詰めました。

サブクランにかなり手が加わったので大会でのクラン選択に幅が広がりました。
いろいろなカードが使えるようになったことはカジュアル勢が参入しやすい状況を作り、
結果として多くのプレイヤーが楽しめる良い環境となりました。

個人的に4月というコミュニティのかわる時期にあわせた
良いブースター強化だったと思っています。

残りはいつもどおり各クランの感想を書いておきます。

ロイパラ
騎士王軸がちらほら見られるようになりましたが圧倒的マジェ人気。
途中でペンドラゴンを使うぜいぇーいデッキを握ったプレイヤーを何度も見ましたが
だいたいみんな心折れてストレージに彼を並べていたように思います。
トリオファイトではチームの勝ち頭的な役割を占めているように感じました。
G2バニラとブラスター豆しばの登場で少しデッキの構築の幅が広がったように思います。
特に豆しば騎士王はバロミがいない打点不足をガード値でカバーする良い構築ですね。

かげろう
リミットブレイク持ちのロウキーパーが加わりましたが
やはりオバロ・ジエンドの安定感には勝てません。
最初4枚入れていたロウキーパーも徐々に枚数が減っていき・・・
まあ、うんそうだねみたいな。
しかしながら5弾ほどは安定して勝てなくなったように思います。
LBの超パワーで平均点4点のかげろうを押し切る展開が増えたからでしょう。
まあ、それでも普通のクランと10回戦えば6回は勝てるだけの強さはあります。
やっぱりかげろうは強かったってジエンド使って勝つとそう思いますね。

オラクル
レベル2以上の大会でツクヨミ4枚構築が目立って来ました。
徳島では11月ぐらいから確立していた構築ですがやっと世界が追いついたって感じですね。
6弾では強化はありませんでした。おかげでアニメではミサキさんが快敗しています。
関係無いですか?関係無いですね。甘えた構築駄目絶対。
7弾になればやっとFVを手に入れることが出来るようです。しかも2枚です。
けどシズク互換とか使わねぇよ。ルル使ってココを照らしだすんや!

ノヴァ
念願のFVを手に入れたぞ。
G3は11kが8枚だぞ。CB使うところは相変わらずだぞ。
けど強い!やばい!!回れば超つええええやべええええ。
7弾でついに強化なしに。そうか・・・カムイ伝説もついに終わるのか。

たちかぜ
3弾っていう地層から発掘できるようですよ。

ダクイレ
7弾や。7弾から本気!!

スパイク
魔王ダッドリーエンペラーによる5点時からのアバランチ・スタンピード!がやばい。
CB2ハンド消費2はコストとしてはかなり重たい分類になりますが、
それでも決まった時の破壊力とハンドの無駄なカードを
エスペ等の優秀なユニットに変えられる点は強いです。
構築面では今までの構築を少しアレンジしたタイプと魔王専用構築の2つがメインになりました。
エクストラブースターでカードプールが広がったとはいえまだまだ狭さを感じます。
特にCB面はいまだに厳しさを感じます。更なる強化をのぞみます。

グランブルー
コキュートスやゾンビシャークなどの優秀なG3が増えました。
つまりバスカークにライドすることを強いられる昔のグランブルーではないのです。
トリガーも優秀です。星3種、引1種、醒2種、治2種といろいろな配分が楽しめます。
カットラスがいるのでドロー削っても戦えるのが良い所ですね。
あとネオネク同様ライン形成が得意なので素直にならべれば対13kは余裕です。
ですが、対マジェはVで20kの出力を出されるとノーガードできないのできついです。
対抗策としてはG3にR向きを多めにいれて12kに対応したり、序盤から手数で押したりなど。
マジェ対策がしっかり出来ればグランブルーは安定して勝てます。
6弾で完全に強サブクランになりました。アクアフォースとか知らない!

メガコロニー
下がるFV、LB持ちG3、マシニングのG1、Rで仕事するG3など
スパイク同様かなり手厚い強化がされました。
しかしながらG2枠が貧弱でマスタービードル軸がイマイチ強くないのですね。
バニホ互換みたいな奴が来ないとちょっとメインでは使えないような気がします。
だからといってギラファやマシニングを軸に添えても
ギラファは安定性、マシニングはCBが余るという悩みがあるので何ともかんとも。
そしてスタンド出来ない能力でライン潰してアドを稼ぐってのはかなり難しいです。
CB回復のG2が来たらかなり強いと思います。今後の強化に期待しています。

バミューダ△
たまに使っている人を見る程度。強化がなかったんだからしょうがないよね。

ペイルムーン
7弾に期待。FVをくれ。

ディメンジョンポリス
8弾に期待。グレードダイユーシャだ!!

シャドウパラディン
イルドーナ(EB2)ディクテイター(単行本)の新たな軸となるG3が加わりました。
しかしながらフルバウはPBD軸専用のFVです。
だからイルドーナやディクテイターのために早く下がるFVをください。
こいつらの後ろはホントなんでもいいので下がりさえすればいいのです。
でも、ネヴァンとマーハのいるこのクランに下がるFVは来ないかもなぁ・・・。
それでも私は望みます。下がるFVください。

むらくも
6弾になって使う人いるわけないだろ。起きろ。

ネオネクタール
ネオネクを使うレギュレーションがなくなったのでガチ勢で使う人は激減しました。
普通のショップ大会なら他に使いたいクランありますしね・・・当然の結果です。
しかしながら新規参入組にはかなり使われていたような気がします。
最高レアリティがRRのネオネクはやはり組みやすいのでしょう。
8弾で強化されるようですし、ホント初心者におすすめのクランですね。

ゴールドパラディン
アイチの新たなる相棒です。
ロイパラと比べると安定性↓爆発力↑といったところでしょうか。
運ゲーのエイゼル、安定のガルモールとは言いますがどっちも強いです。
終盤はCBを全てすれいがるダガーで消費していきます。
Rで21kを容易に出せるダガーはゴルパラの軸とも呼べるカードです。
エクストラブースターでヴォーティマーという乗れたら超強いカードが加わりました。
デュークドラゴンのクローズステップ時にふたたびスタンドするLBは強力ですね。
ユナイテッド・サンクチュアリらしく10kVが目立ちます。
高出力環境をどう乗り越えるかがこのクランのテーマになりそうです。

なるかみ
カイの新たなる相棒です。
劣化かげろうのような動きができたり、インターセプトを防ぐ謎のアドを稼ぐ動きができたりと
構築次第でいろいろなことができるおもしろそうなクランです。
インドラやガイラスの能力は決まればやばいので一度は組んでみたくなりますよね。
しかしながらFVの性能が低いのでどの軸にしても使い勝手が悪いです。
ヴァーミリオンは強いので8弾の強化次第ではメインクラン入りするかもしれません。
とにかくもっと優秀なFVをください。

エンジェル・フェザー
ダメージのカードとハンドのカードを交換できるクランです。
これにより手札の含有量といいますか使用可能領域といいますか・・・
まあそんな感じの謎の手厚さを持つことができました。
LB持ちのキリエルよりカラミティのほうが強いです。
ダメージくらうたびに+2kの能力は見かけ以上の堅さを誇ります。
7弾でシャムシェルが加わるとサブクラン最強クラスの力を持つでしょう。
今後の強化次第ではメイン入りも。かなり期待しています。