前回は脳筋パシフィカ軸を紹介したので、
今回はバミューダらしい動きができるレシピを紹介します。

G3×8
トップアイドル パシフィカ 4
トップアイドル フローレス 1
ベルベットボイス レインディア 1
レインボーライト キャリン 1
スーパーアイドル セラム 1

G2×10
トップアイドル アクア 4
パールシスターズ ペルラ 3
ガールズロック リオ 3

G1×15
マーメイドアイドル セドナ 4
水面のプリズム ミルトア 2
パールシスターズ ペルル 3
マーメイドアイドル エリー 4
ターコイズブルー ティレニア 2

G0×17
バミューダ△候補生 ウェッデル 1 FV
コミカル・レイニー 4
ドライブ・カルテット シュプリュ 4
クッキング・カスピ 4
ドライブ・カルテット フロース 4

解説

パシフィカと相性のいいティレニアを使って バウンス→理想的な場を形成 を目指します。

今回はFVウェッデルのためティレニアの枚数がぎりぎりの2枚になっています。
シズクスタートならG3を削ることによってもう1枚入れられるとおもいます。
実践ではどんなに積んでいても引けないことはありますので
引かなかった場合はFVとペルラ、フローレスの3枚でカバーしましょう。

バウンス対象はリオ、ペルル、キャリン、ミルトアの4枚だけではありません。

12k.13k対策として序盤に置いたG1をバウンスで手札に戻し、
その後改めて8kのG1(セドナ)を置き直すプレイングが優秀です。
他にもFVをハンドに戻したり前衛が少ないから前衛を戻したりと選択の幅は広いです。

トリガー配分は8-4-4の伝統の型。バウンス特化ではないので少しドロー多めです。
スタンドトリガーを入れてカルテット完成させてもいいと思うのでお好みで変更してください。

最後にグレード比率とマリガンに関して。
17-15-10-8のシンプルなグレード比率になっています。
パシフィカに乗らないと始まらないデッキですが13のこし3チェンは絶対にしてはいけません。
1残し4チェンか2残し4チェン。これが基本マリガンになります。
リヴィエール軸ではないのでとりあえず3までいけば何とかなります。

10kVばかりなので完がが4枚必要なのが痛いです。