今週末に新TDが2つ、来週末にはブースターパック6弾が発売されます。
新クラン「ゴールドパラディン」「なるかみ」「エンジェルフェザー」。そして新能力・・・リミットブレイク。
主人公クランとなるゴルパラ、なるかみは今後確実に強化のある優遇クランです。
ダメージ操作のできるエンジェルフェザーはオラクルと同等以上パワーの期待ができそうです。

そしてリミットブレイク・・・早く使ってみたい。

4点から加速度的にゲーム速度が早くなるのか、逆にスロービートな戦いになるのか・・・
どちらにしろ今の環境に一石を投じることになりそうですね。

前置きが長くなりました。1ヶ月ぶりの更新です。お久しぶりです。
さっそくですが5弾環境が終わりそうなので環境のまとめを行います。
今回は「デッキ構築」編です。いつものクランごとの感想、変化のまとめは次回します。

5弾で登場したV時12k,13kのユニット。
マジェスティ、ジエンド、PBOの登場はデッキ構築に大きな課題を与えました。
「Vに対して18k・・・10k要求のラインを作れますか?」

カードパワーの低いクランは主要3クランにはこれまで以上に苦戦を強いられました。
(主要3クランとは11k以上のVが立てるロイパラ、かげろう、シャドパラのことです)
Vに殴らなきゃいけない局面なのにたった3枚のカードで守られるとか・・・
そんな状態にされたら絶対に勝てませんよね。

ショップ大会の上位はほとんどロイパラ、かげろう・・・たまーにシャドパラでした。
こんな状況が長く続いたためFV見ただけでげんなりするプレイヤーがちらほらと。
強いクラン使えばそれだけで勝てる・・・そんなクソみたいな環境でしたが、
それでもデッキ構築の面から見れば大きく進化した環境だったと思っています。

5弾環境においてデッキ構築の際に考えるべきポイントは以下の3要素です。

1.甘えを捨てたカード選択
2.どんなデッキとでも戦える安定性
3.爆発力重視の最大値理論

1.甘えを捨てたカード選択
下手なギミックを積むよりバニラ重視のパワーラインの形成しやすいカードを選ぶ、ということです。
特定V時12kのG2とか悩むことなく4枚積む。バニラは対マジェ意識して絶対に4枚積む。
「G2の枠ってのは3枚」といういう言葉すら生まれました(そんなのは実際はない)

2.どんなデッキとでも戦える安定性
かげろうで言えばゴジョーは4積み。エルモは2積み。G3は8枚で強いマリガンを目指す。
ロイパラで言えばマジェのパーツは全部4積み。リアン4積みで大回転してでも事故率軽減を狙う。
シャドパラで言えばネヴァン、アリアンで手札交換、ペインターで13kライン形成を狙う。
一番強い動きより常にあるレベル以上の動きができることを考慮した構築です。
完成されたクランであるかげろうではツイッター上で日々G1の比率について考えました。
結論らしいものが出ましたけどそれが最強かというとそうではない。
それは次の説明を見ればわかると思います。

3.爆発力重視の最大値理論
G3はツクヨミ4枚の通称タニー構築。
G3はPBD2枚PBO2枚のういんがるぶれいぶ搭載の13k形成型。
G3はマジェ4枚のマジェ特化構築。
何を言いたいかは上の3行見るだけでなんとなくわかると思います。
そうです。安定性とかクソ食らえのコンセプト通り動けば強いデッキ構築です。
わかっています。これがトーナメント向きではないということは。
減らしたグレードの枚数を元に戻して安定性を取るプレイヤーが多くいた事も知っています。
しかしながら「平均的に安定した動きより爆発した強烈な動き」をするデッキの与える印象は強い。
残念ながらこのコンセプトはジエンドというたった1枚のカードで実現できるんですけどね。
マジェもよく似た動きできますけどやっぱジエンドのほうが与える印象強いかなって感じです。

さて話を元に戻します。
5弾環境はどうしてもライン形成という面から1と2に目が向きがちなんですね。
ですが、4弾時からですが甘えを捨てた構築が強いことは知られてはいました。
実際、私は岡山トリオでアンバー・ヒートネイル・クリティカル&バーサーク全抜きスタンド特化構築で
4戦全勝(チームは全勝だけど3位)という結果を残してます。詳しいレシピは過去記事にあります。

じゃあ5弾環境はコンセプト通り動くデッキ弱いのって話です。

そんなわけはありません。強いです。
回れば強い動きするんだから当然です。
ただラインの形成に関してはどうしても無理なところが目立っているだけです。

次の環境は10k、11kVが多そうなので再び最大値理論が見直されそうな感じです。
騎士王ばーくがるで20kとかアシュラ・アズールで連続攻撃とか。
やりたいことをやるデッキ。この動きしたいっていうデッキ。
6弾環境はヴァンガードの本質をもう一度思い出せそうなそんな環境になりそうですね。

初期ハンド5枚のこのカードゲームにやはり安定性を求めてはいけないと思います。
少ないハンド、運要素のトリガーチェック。
なのに人は安定して勝とうと・・・そんな幻想を追い求める。

いっそのこと最大値理論全開の厨二構築・・・あなたもはじめてみませんか?