マシニング?なんだそれ・・・俺は知らないぞ!
さあ、さっそくレシピの公開だ。

G3 ギラファ4ヘルスパイダー2ヴェスパー1
G2 ギラファ3ギャング4ヘラクレス4
G1 ギラファ4ブラック4ミリピード1マドンナ3カルマ3
G0 ビードル4スコルピオ4マンティス4ランブリ4 8-0-4-4 ギラファ1

解説
ギラファ軸らしくギラファシリーズはガン積みです。
G2だけ3枚と少ないのはG1でサーチできるのと2枚目以降は腐ってしまうのを考慮してです。
あと6kブーストと相性悪いから減らしたいっていう気持ちもあります。
ついでにこの枚数でほとんど11000になります。不思議なものですね。
試行回数は100戦程度なのではっきりと言えませんがこれがベストな枚数な気がしています。

レシピを見て気づいたと思いますがこのデッキはCB使うユニットがとにかく多いです。
ギラファ(V限定)×4、ヘルスパ×2、ギャング×4、カルマ×3と合計13枚入っています。
CBを使うユニットをわざわざ9kのギャングを4積みしてまで多めにいれています。
6kブーストと若干相性は悪いですが殴り先を10kユニットにすれば
むしろ相手にガードを積極的に切らせる良いアタッカーになっています。

さてさてここでCBを使うユニットを多めにいれるメリットを説明しておきます。

まずCBを使うユニットが少ない場合。
CB使うユニット(アカネやバーサークなど)は手札で温存したり
ズバッと使ってくれるユニット(騎士王など)を引く必要があります。
つまりハンドや場の出し方に制限がかかるんです。
制限がかかるとプレイングミスしやすくなります。こんなことで形勢を損ねるのは本当につらいですね。

しかしCB使うユニットが多いと何も気にせずどんどんと出していくことができます。
13枚・・・Rで使えるのは9枚ですがまず100%CBは使いきれます。
そして状況に応じて使い分けられるのは大きいです。
まずVのギラファ効果は「囮」です。が、もちろん狙って起動することもあります。
ギャングでVに殴る→トリガーでない→ギャングの効果使わずそのまま次のアタック・・・。
ギャングを通すってことはVの攻撃は通したくないってことですからね。
もちろん初撃でダメトリ出たら喜んでドローしておきましょう。

こういう風に相手の顔を見ながらプレイできるので相手が一番困るプレイングをすることが可能です。

ギャングの1ドローは中盤に、カルマ・ヘルスパのスタンドできない効果は終盤で使いましょう。
スタンドさせない対象はほぼ間違いなくG3です。
中盤以降R削り対策としてG3を使って1ライン確保することは多いので
もしかしたらこれで相手のラインを1つぶちぬくことが出来るかもしれません。
この他に対かげろうならエルモを起こさせないっていうプレイングもあります。
また9k+7kラインのブーストを起こさせないプレイングも強いです。

CBの使い道が多いとファイト中にいろいろな展開を考えることができます。
ここにあげたのは一例なのでみなさんいろいろやってみるなかで最適解を見つけてみてください。