イメージはメモしないと忘れるぜ!

CARDFIGHT!ヴァンガードのデッキレシピを掲載しています。また環境ごとにまとめをしたりデッキ構築論を語ったりしています。興味を持たれた方はTwitterID:renge_syamoji(http://twitter.com/#!/renge_syamoji)をフォローしてみてください。

2013年01月

大会の数が少し多いので時系列でまとめておきました。
ショップ大会抜いたほうがよかったかも。 注)土、日、祝のみです。


2月16日(土)
ショップ大会 13:00 南海ブックス
権利戦 14:00 リブック徳島駅前店
ショップ大会 14:30 桃屋 二軒屋店
ショップ大会 15:00 CARDBOX平惣プラスゲオ石井店
ショップ大会 15:30 TVゲームランドゼロ ロックタウン北島店
権利戦 16:30 桃屋 二軒屋店

2月17日(日)
権利戦 10:30 ホビーショップネオ国府店
ショップ大会 11:30 カードキングダム徳島
ショップ大会 12:00 ホビーショップネオ国府店
ショップ大会 15:00 カードショップJ
権利戦 17:00 カードショップJ

2月23日(土)
権利戦 10:30 CARD BOX チャーリーブラウン店
ショップ大会 13:00 南海ブックス
権利戦 14:00 TVゲームランドゼロ ロックタウン北島店
ショップ大会 14:30 桃屋 二軒屋店
ショップ大会 15:00 CARDBOX平惣プラスゲオ石井店

2月24日(日)
ショップ大会 11:30 カードキングダム徳島
ショップ大会 12:00 ホビーショップネオ国府店
ショップ大会 15:00 カードショップJ
くまモン 17:00 カードショップJ

久しぶりの更新になります。
今回は今日優勝したなるかみのレシピを公開します。

G3×8
ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン×4
ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン “THE BLOOD”×4

G2×11
サンダーストーム・ドラグーン×4
ダストプラズマ・ドラゴン×4
ブライトランス・ドラグーン×1
ドラゴンモンク キンカク×2

G1×14
レッドリバー・ドラグーン×4
ライジング・フェニックス×2
呪禁魔竜 インディゴ×2
ドラゴンモンク ギンカク×2
ワイバーンガード ガルド×4

G0×17
スパークキッド・ドラグーン×1 FV
イエロージェム・カーバンクル×4
毒心のジン×4
オールド・ドラゴンメイジ×4
魔竜仙女 セイオウボ×4

解説
3点時からLB、4点時からUBが使えるように自爆互換を多めに積んでいます。
基本的な動きは他のヴァーミリオン軸と同じです。
10kVに対してはインディゴ+G3とダストプラズマ+レッドリバーで対応します。
環境的にガルモ、エイゼル、ココ・クッキーが相当厄介なので
これらにたいして強く出られるような構築にしています。

なるかみはクリ12に出来るクランのひとつです。
ですが今回はドローを4枚積み、クリは必要最低限の8枚にとどめています。
勝ち筋を多く作りたいならクリ重視にすればいいと思います。

正月休みはずっとヴァンガードしていました。
特に連携サイクルのクランを中心に回していました。
今までは安定していたデッキ(ジエンドやツクヨミ)を好んで使っていましたが
どう考えてもこの環境はどのクランにもワンチャンあるようにしか思えないので
安定性とか無視して回れば強いデッキを好んで使っていく事にします。

今回はアルボロス軸のレシピを紹介します。

見るべきところはグレード比率ですね。ユニットの選択にはみなさん興味ないですよね?
え、何?蓋をあけたらイルミンスールで運命力全開のレシピじゃないのかって?
大丈夫です。ユニットの選択は普通です。無難にまとめてあります。

17-16-9-8 というG1を膨らませた比率になっています。
基本は2キープ。1は残したり残さなかったり。3は絶対に返します。
ハンドがクソみたいに重くなることがあるので貴婦人を採用。
とにかくやばくなったら捻る。LBは次のターンも使えるけど捻るのは今しか出来ませんから。
ただし序盤で3を捨てるのは危険です。前衛不足に陥りますから。

トリガーに関しては10k札をたくさん持ちたかったのでドローを抜きました。
スタンドいれたらVから殴れないじゃんって思う人は殴る前に貴婦人を捻ってください。
そうすればVから殴れます。相手が4のーすれば星めくれることを期待しましょう。

というわけでそろそろレシピをどうぞ。

G3×8
メイデン・オブ・トレイリングローズ×4
アルボロス・ドラゴン “聖樹”×4
G2×9
アルボロス・ドラゴン “樹”×4
グラスビーズ・ドラゴン×4
メイデン・オブ・レインボーウッド×1
G1×16
カローラ・ドラゴン×4
アルボロス・ドラゴン “若枝”×4
木漏れ日の貴婦人×4
メイデン・オブ・ブロッサムレイン×4
G1×17
アルボロス・ドラゴン “新芽” ×1 FV
月下美人の銃士 ダニエル×4
ダンガン・マロン×4
ウォータリング・エルフ×4
スイート・ハニー×4

G3を削って2を膨らませる構築もあります。
実はそっちのほうが安定します。
後攻時に連携失敗するとどうしても前衛不足で相手の攻撃を返せないこと多いです。
9枚しかG2が入っていないので2パン以上は正直きついです。
速攻が多い環境もしくはそういう身内が多いなら
G3事故の確率が高まりますがトレロを1〜2枚抜いてレインボーウッドを増やしましょう。

常に環境を意識してユニット配分を変えるのがTCGです。
運ゲーするまえにしっかりと環境を読みましょう。楽しくユニット増やそうね!

TD出たらガンス投入してそうだけどとりあえずレシピ紹介。

G3×7
光輝の獅子 プラチナエイゼル×3
スペクトラル・デューク・ドラゴン×4

G2×10
黒竜の騎士 ヴォーティマー×4
聖弓の奏者 ヴィヴィアン×3
神技の騎士 ボーマン×3

G1×16
美技の騎士 ガレス×4
漆黒の先駆け ヴォーティマー×4
光輪の盾 マルク×4
すれいがる・ダガー×2
シルバーファング・ウィッチ×2

G0×17
幼き黒竜 ヴォーティマー×1 FV
サイレント・パニッシャー×4
フレイム・オブ・ビクトリー×4
だんてがる×4
エリクサー・ソムリエ×4

解説
各グレードにおけるユニットの採用理由を書いていきます。

G3:プラチナエイゼル 11k
UBが強すぎます。再ライドも考慮して3枚積んでいます。
連携失敗しても多少のアド損はUBが全て吹き飛ばしてくれます。
比較すべきユニットとはやはりガルモールでしょうか。
彼とは仕事するタイミングが違うので何ともいえないところはあるのですが
エイゼルはサーチ用のユニット(ちゃーじがるやディンドランなど)を積む必要がないので
その点を高く評価して採用することにしました。あのサイクルはどうしても枠を取りますからね。

G2:ヴィヴィアン 9k
スピリットいるのにあえてこいつを採用しています。
パワーが1k違うだけですがかなり安定性に差があるように思います。
このデッキはクリ12の構築なのでRの管理がシビアです。
この時殴られたら勝手に吹き飛ぶスピリットは使い勝手が悪いです。
あと単純にガード切らせる性能がピカイチだからです。
ハンドを消費させていきデュークの能力でとどめを刺します。

G1:シルバーファング・ウィッチ 5k
場に1枚だけ出せれば良いので2積みです。
3積みしても場に2枚出せないのでこれで良いです。
使うタイミングが3に乗った時なので少し遅いのが気になりますが
初手で握ればヴォーティマで食してもいいし3までキープしてもいいしと
やはり使い勝手が良いカードだと思います。

連携ライドはG1を16枚以上積むべきだと思っています。
23キープは基本ですし何より乗れなかった時にFVを押し上げるユニットが必要です。
あと連携の効果対象をトリガーにするとやはり5kの損だと思うのです。

まあ、ハンド消費が早すぎてやってられなく感じたらドロトリいれようと思います。

あけましておめでとうございます。
本年度もよろしくお願いいたします。

今回はマガツ軸のデッキレシピを紹介します。

G3×4
隠密魔竜 マガツストーム×4

G2×9
忍竜 マガツゲイル×4
忍獣 ブラッディミスト×4
ドラゴンナイト ネハーレン×1

G1×18
忍竜 マガツブレス×4
静寂の忍鬼 シジママル×4
忍獣 リーブスミラージュ×2
鎧の化身 バー×4
ドラゴンモンク ゴジョー×4

G0×19
忍竜 マガツウィンド×1 FV
狐使い イヅナ×4
忍獣 ムーンエッジ×4
忍獣 キャットデビル×4
忍妖 ユキヒメ×4
リザードソルジャー コンロー ×2

解説
マガツに乗れたら3パン確定しているので非常に戦いやすいです。
G1はたくさん入っているのでブーストはすべて8kにすることも容易です。
とにかく殴って殴って殴りまくります。けどリア削りはありません。
マガツは増えたユニットがエンド時にボトムに落ちるからです。
相手のアタックでダメトリが出た時はおとなしくガードを切っていきましょう。
完ガがあまり入ってないのでよぽどのことがない限りLBは狙わない方が良いです。
基本的にLB2回目がファイナルターンと思って戦いましょう。

マガツに乗れなかった時は死が見えています。
特にマガツ特化のクリ16の構成にすると投了が捗ります、本当に。
けどこのデッキは一応ヒールを入れています。それは最悪の展開を考慮してのこと。
連携に失敗した時は大量に入っているG1でビートしていきましょう。
相手のハンド次第では十分に勝機があります。

先行で1がないときは思い切ってライドスキップもありえます。
3がないパターンが多いはずなので覚えておくと得です。
この時ダメージが先行するのでヒールチャンスが生まれます。
4kしかパワーがないのでさすがに相手も2パン以上してくるでしょう。
出だしでコケるのが一番きついです。上に書いた最悪の展開とはこのことです。
後攻の場合はドライブが1回多いので思い切って3パンしていくほうが良いでしょう。
もしかしたら足りないグレードを引けるかもしれませんから。

このデッキの総予算は5000円です。高いのは完がとマガツでしょうか。
ほとんどコモンとレアだけなので安く簡単に作れます。
この環境では十分にやっていけるだけのデッキパワーとクソゲー臭がするので
とりあえず組んでみて使ってみると良いと思います。

このページのトップヘ