イメージはメモしないと忘れるぜ!

CARDFIGHT!ヴァンガードのデッキレシピを掲載しています。また環境ごとにまとめをしたりデッキ構築論を語ったりしています。興味を持たれた方はTwitterID:renge_syamoji(http://twitter.com/#!/renge_syamoji)をフォローしてみてください。

2011年09月

ぬばたまの収録が見送られたそうです。
我らの希望ZANBAKU先生はむらくもとかいう謎クランという罠。

ボイドマスターとドレッドマスターどうするのさ・・・。
ハガクレの出番はいつだよ・・・。

ブシロードに対する怒りがとまらない!

悪い話はこの辺でおいておき、
これまでに出ている情報をまとめてみます。

・バミューダは新春に特別パックで単一クランで組めるようになる
・メガコロニーは4弾?で単一で組める
・むらくもは5弾(確定情報)
・シャドパラ、ディメポリは4弾で組める
・コミックスタイルでどのクランも大幅強化

あと残っているのはグレードネイチャーだけになるのかな?
4弾で単一に組めるのがメガコロ予想なのは単純にカード枚数がネイチャーより多いから。
このあと5大陸戦があるのでどちらかは単一で組めるはず。

シャドパラ、かげろう、ノヴァの新FVはあまりいい評価を聞きませんが、
クラン混成を考えるとまあまあのカードな気がしています。

コンロースタートやどらんがるスタートに変わる新しいFVになるかもしれませんね。

新弾発売のその直前にケロエースが発売されます。
当然ながら来月号のケロエースは買います。今月号?バイブ付きなので買いません。

昨日までは

といぷがる>>>越えられない壁>>>ぼーるがる=ペガサスナイト

という認識でした。
世間一般の評価もこれであっていると思います。

といぷがるが評価高いのは当然なんです。
といぷがるの何がいいってあれですよ。パンプ条件が緩いんですよ。
G3を出せば+3000のブースト。ぽーんがる→セイバーのあるロイパラにそれってマジずるいw
加えてバロミデス(ボールス)とのシナジーがやばい。あとハイビーストだからアカネとも◯
ホント5枚目以降のマロンとして活躍しすぎですといぷ先生。

対照的にぼーるがるやペガサスナイトは使いにくいとしか言いようがないです。
ばーくがるがFVとして使用禁止になってしまったため
これまでのように容易にソウルを貯めることができなくなったのが理由です。
ローエン軸なら採用する枠あるかな?って思いましたがやっぱりきつい。
5枚目のマロンならやっぱりといぷがるでいいじゃんって話になるんですよ。


ここまで書くと圧倒的にといぷがる優位ですね。
わかっていました。どうやってもこの図式を崩すことはできないと。
優秀なものは優秀。認めます。ゆえにばーくがるはFVから抹殺されました。


今日この日この瞬間。ロイパラの新しい可能性をみなさんにお伝えします。

「どらんがるスタート→ばーくがるコール→ブラブレスペリオル」

なんだよそれよくある構築じゃんっていうツッコミはなしで。
大事なのはその根底にある理論です。

「どらんがるからスタートしているためソウルが6枚」
これです。これなんです。

ソウル6枚というのはぼーるがるのパンプ条件です。
またメインフェイズ中にソウルにカードが入ることはペガサスナイトのパンプ条件です。

つまりスペリオル成功さえすれば一気に不遇ユニットの条件を満たすことができるのです。

わかっています。ばーくがるを積んだりG2を削ったりと逆にデッキに制限がかかることは。
しかし、初手にばーくがるさえ来ればG1スペリオル期待で通常より1ターン多く粘れたり、
ふろうラインで序盤から3パンすることもできたりと、ソウルを貯める以外にも利点はあります。

そもそもロイパラには不遇のG2、G1が多すぎます。
誰にも使われないとか悲しいじゃないですか。なんとかして使ってみたいじゃないですか。

私はそう思うんです。

どらんがるスタートばーくがるスペリオルソウル6枚型はこれからの研究課題です。
ですがこれを研究した先に見向きもされなかったカードが活躍する場があるように思います。

これがみなさんの新たなイメージに繋がることを願います。

今日公式の方で動きがありました。
グランプリ2011 トリオファイト地区大会の概要が公開されたのです。

詳細は公式を見てください。

まあ何というか・・・ホント概要だけって話ですよ。
事前登録の個人戦と団体戦するのはわかりました。
地区大会に行ったら夕方まで楽しめるのはわかりました。

で?って話です。

団体戦はショップ予選するんですよね?
ならショップ予選の日も同時に公開してくださいよ。
全然話すすめられないじゃないですか。
あとチームは代表固定の他2人自由変更可にして欲しかったですね。
急な用事で参加できなくなったらどうするのって話ですよ。
メンバー変更できないと1人欠けた時チームがチームとして成立しなくなりますから。
そのへんちょっと考えて欲しかったですね。

団体・個人の事前登録の締切をずらして欲しかったとか
単一クランじゃなくて混色もありにして欲しかったとか。
言いたいことはたくさんあります。

しかしまだ情報が全部出たわけではありません。
これからのブシロードさんの行動に期待します。

第1回大会以上の盛り上がりを楽しみにしています。

ばーくがるが禁止されて10日立ちました。
新しい環境には慣れてきましたか?ばーくがるっていうのは本当に優秀なFVでしたよね。

今のロイパラのFVは3種類のようです。

1.どらんがる。
2.ぺったんやぐらいむ。他適当なトリガー。
3.コンロー

1が多いのは当たり前。ガラハッド軸の中心的ユニットですから。
しかしロイパラにはソウルセイバーや騎士王などの優秀なG3が多いので
どらんがるスタートだからといってガラハッドがG3まで入っているとは限りません。
スペリオルライドによるG1orG2ライド事故回避のために入れているデッキが多いように感じます。

初手にG1いなくてもワンチャンがあるのがどらんがるの優秀なところですね。

ですがデメリットも存在します。
それはガラハッドに多くの枠を削られるということ。
今までならマロン、リアン、イゾルデ、ぽーんと思考停止で積むことができましたが、
どらんがるスタートだとこれができません。カード枚数を調整する必要があります。
さらにといぷがるやユニコーン、エルフ、みるぴるなど入れてみたいカードは多いです。
このへんの調整が難しいのが1のデッキの悩みでしょうね。


2のメリットはいろいろなカードをいれることができるところです。
これにより様々な戦術を取ることができます。
ハイビースト+セイランでビートしたりチャージャーアカネでスペリオルコールしたり。
1のデッキではできないようなことがたくさんできます。

デメリットはFVが下がらない(スペリオルライドがない)こと。
序盤に直接的なアドが取れません。アカネやチャージャーは使うまでに時間がかかるのがネック。
結果として2のデッキは中速型になります。
他のデッキなら3面で殴れる所がこのデッキだと2面でしか殴れない。そんな光景はよく見ます。
やはりG1にライドしたときにアドがとれていないので展開するのがきついのです。
2は典型的なG3になってから勝負デッキです。序盤はすごくもっさりしている動きをしますね。


3はG1にかげろうを10~12枚ぐらい入れて(バー、ゴジョー、アイアンテイルなど)
残り3〜4枠をぽーんorマロンorイゾルデに割くタイプのデッキです。
コンローが下がればそれだけで大きいです。何でもG1持って来られるのはおいしい。
G3はセイバーやバロミデスなのでコンロ→バーとのシナジーがあります。
安定して21000アタックができるので非常にデッキパワーがあります。

基本的にG1ロイパラ枠はぽーんがるです。
つまりデッキには完全ガードのイゾルデが入っていないことになります。
目立ったデメリットがないコンロースタートのセイバーバロミデスですが、
トムやガンスロッド、ウォーターフォウルなどのガードが難しいのが悩みでしょうか。
・・・どのデッキでもそうですか。愚問でしたね。


今考えられるFVは3種類ってことです。
だからそろそろ新しいコンローみたいなFVこないかなーと。
特にノヴァに。

そう思う今日この頃でした。

カーキンのショップ大会に参加してきました。
今日の参加人数は16人。いつもどおりのダブルエルミネーション。

軽く大会の内容を振り返ります。

最近はネタハンドルネームにはまっています。
前回はブラスターダークで出ました。その前はまあや結婚おめでとうだったと思います。
で、今日はカイくんのあの有名なセリフから名前を拝借させて頂きました。

「アメ色にいためたたまねぎ」

こいつがカレーにコクをあたえるんだ(キリッ

さてさて大会レポに戻ります。

まず初戦はたちかぜ。
G3が6枚のデッキだったらしく、G3引けないライド事故してました。
まあこちらもG2引けないライド事故してたんですけどね。初戦からお互いライド事故って・・・・。
割と早い段階でG2を引くことが出来て相手より先にG3までたどり着きました。
以下はこのアドバンテージを生かして勝ち。結局相手はG2のままでした。

2戦目はスパイクとノヴァの混成。どうやらバニラとGJを足しているようでした。
マリガンして初手を見る・・・当然のG2なし。
まーたライド事故かーと思っていましたが、今回はトップにキララがいて事故回避できました。
こっちが少し優勢・・・という気持ちで戦っていましたが
最後、星でたら負けだったのでホントぎりぎりでした。
相手のドライブチェックのマキシマム×2に助けられました。

3戦目はロイパラ。ドロートリガー多めのセイバーガラハッドだと思います。
初手はG1とG2がある最高の手札。しかし何故かG3を引かない。
G3を11枚積んでいるのにG3にライドできないという謎の事故発生。
けどG2が結構来てくれたので毎回3面で殴っていたら奇跡的な勝利をおさめることができました。
3ターンぐらいG2とか・・・相手のドライブチェックが普通なら負けてましたね。
2回でセイバー×2ガラハッド2という鉄雑魚具合がラッキーでした。

4戦目はフォウル軸かげろう。
ノヴァは除去にすごく弱いので正直言えば当たりたくなかった。
しかし相手の引きが悪くバーサークもオバロも出てこない接待ファイト。
除去のないかげろうは弱すぎた。
毎ターン3面で殴って勝負どころもなく快勝。

16人参加なのでここで大会終了。
4月に優勝以来5ヶ月ぶりの優勝となりました。
カーキンの方でデッキレシピは公開されますが、せっかくなのでこちらにも貼っておきます。

G3 アシュラカイザー4 ドロイド3 ジョーカー2 ルチル1 コスモロード1
G2 キング4 デスアーミー4 キララ2
G1 タフボーイ4 デスアーミー4 オアシスガール2 ブレーダー3
G0 レッドライトニング4バトルライザー2キャノンボール2ラッキーガール2スリーミニッツ2クララ4

アシュラカイザーはアメ色にいためたたまねぎなんだよおおおお。
バトルライザーは14枚目のG1。これ私の名言ですよ覚えておいてください。

カードファイト!! ヴァンガード エクストラブースター コミックスタイルvol.1

発売日:2011年12月3日(土)
1パック5枚入り 希望小売価格158円(税込)
1ボックス15パック入り2,370円(税込)/1カートン24ボックス入り
カード全35種(RRR:2種/RR:5種/R:8種/C:20種)+SP1種(パラレル)
1パックに1枚、光るR以上のカードを封入!

ZANBAKU先生がついに来るのか・・・ぬばたまはじまったなぁ。
個人的にはメガコロニーを強化して欲しい。あのクランつえーからまじで。

再録カードは1弾環境から買ってるユーザーにとってはあまりおいしくない気がします。
絵が変わっているとは限らないし・・・たぶん変更してくれてるとは思いますが。

個人的にはハイランダー組みたいので再録カードはありがたいです。

どんなカードが収録されるのか・・・今後が期待されますね。

PS.ばーくがるFVのデッキレシピは隔離しておきました。

このページのトップヘ