イメージはメモしないと忘れるぜ!

CARDFIGHT!ヴァンガードのデッキレシピを掲載しています。また環境ごとにまとめをしたりデッキ構築論を語ったりしています。興味を持たれた方はTwitterID:renge_syamoji(http://twitter.com/#!/renge_syamoji)をフォローしてみてください。

2011年08月

昨日カラオケショップで回していたらかなりの勝率だったので公開。

G3 騎士王3枚ソウルセイバー2枚バロミデス3枚
G2 ガラハッド3枚ギャラティン3枚ブラブレ2枚アカネ2枚
G1 ガラハッド4枚マロン4枚といぷがる2枚ぽーんがる2枚イゾルデ3枚
G0 どらんがる1枚エポナ4枚オウル4枚リュー1枚ふろうがる2枚まぁるがる1枚

やっぱり騎士王は強い。
そしてピン刺しのまぁるがるが何故かよく出る。素引きしてもそこまで痛くない。
あ、でも騎士王軸ですがゴードンはスペースがなかったので入ってません。
そのためドローを削って10000ガード多めにしています。

ふろうがる入れているのは趣味枠じゃないです。
スタンドはあるのとないのでは大きな違い。完ガが多い環境なのでスタンド強い。
ソウルセイバーSBぶっぱと合わせてゲットしましょう←その確率ひくすぎだろ

バロミデスが強くてこのデッキ弱いわけないんだけどね。
G3が8枚なのでぽーんがるを削っています。といぷとぽーんはアカネで呼びましょう。

前回に引き続き今回もネタデッキを紹介。
ロイパラハイランダーです。

ハイランダー:デッキに同じカードは1枚しか入れてはいけないというルールのこと。
        またそのルールを想定して、同じカードは1枚ずつしか入っていないように
        組み立てられたデッキのこと。

ばーくがる環境が終わっちゃうので思い切って作っちゃいました。
トリガーは8種類しかなかったので収録違いで何とか16枚集めました。
カード1枚1枚をたいせつにできるようになりますよ。

G3 騎士王アルフレッド
   斬魔の騎士 ローエングリン
   スタードライブ・ドラゴン
   蒼炎の騎士 ディナス
   ソウルセイバー・ドラゴン
   断罪の騎士ボールス
   爆炎の剣士バロミデス
   ギガンティック・チャージャー

G2 沈黙の騎士ギャラティン
   試練の騎士 ガラハッド
   ブラスター・ブレード
   大いなる賢者 バロン
   ギガンテック・ドーザー
   真理の騎士 ゴードン
   竪琴の騎士 トリスタン
   ハイドッグブリーダー アカネ
   ハイドッグブリーダー セイラン
   焔の剣士 バロミデス
   盟約の騎士 ランドルフ

G1  小さな賢者 マロン
   魂を導くエルフ
   探求の騎士 ガラハッド
   ナイトスクワイヤ アレン
   ぽーんがる
   湖の巫女 リアン
   ういんがる
   若年のペガサスナイト
   スターライト・ユニコーン
   閃光の盾 イゾルデ
   といぷがる
   薔薇の騎士 モルガーナ
   ぼーるがる
   みるびる

G0 ばーくがる
   アラバスター・オウル
   幸運の運び手 エポナ KAD1
   幸運の運び手 エポナ KAD3
   幸運の運び手 エポナ TD01
   未来の騎士リュー
   ふろうがる KAD3
   ふろうがる TD01
   ふろうがる BT01
   小妖精の鼓笛隊
   まぁるがる
   武器商人ゴヴァノン TD01
   武器商人ゴヴァノン KAD1
   武器商人ゴヴァノン BT01
   世界樹の巫女 エレイン KAD3
   世界樹の巫女 エレイン TD01
   世界樹の巫女 エレイン BT01

先週、ドラゴニック・ウォーターフォウルの登場でかげろうプレイヤーに激震が走りました。
これまでノーコストで21000打点のユニットはありませんでした。(ブレフレorエクス+ジョカなどはあった)
フォウルの登場でこれからは安定してVで21000打点を出せることになります。

かげろうはコンローでバーを持ってこられるのでロイパラ(ソウルセイバー)より優秀かもしれませんね。

21000打点というのは相手に最低15000、Vのアタックならば20000ガードを要求します。
そのため中盤ならばほぼ確実に1点取ることができます。(ヒールひく可能性はしりません)
終盤、Rの攻撃を通してトリガーゲット出来てもVのアタックに対してカードを2枚切らなければいけません。

Vのパワーは高ければ高いほうが良いです。そのほうが相手に対してプレッシャーをかけられますので。

フォウルはスキルで単体23000までパワーを高められます。
ジョカ(2回パンプ)と合わせれば35000!のアタックができますよ、すごい!。

Vで21000打点だせるのは偉いんですよ。
だからみんなコスモロード使おうね!!!お兄さんとの約束だよ。

コスモロード軸デッキレシピ

G3 コスモロード3枚阿修羅2枚ドロイド1枚ジョーカー3枚
G2 キング4枚デスアーミー4枚GJ3枚
G1 タフボーイ4枚オアシスガール3枚ツインブレーダー3枚デスアーミー4枚
G0 バトルライザー4枚キャノンボール4枚ライトニング4枚クララ4枚

阿修羅はRでも最低限の仕事をするので2枚刺し。
スタンドを多めにいれてます。星を多めに積んでもいいと思います。
プレイングの方針はコスモで確実に1点取り、起き上がったユニットでRを削るというシンプルなもの。

バトルライザーはレストするもの。こいつの前はGJや阿修羅、キングなどのバニラを起きましょう。

カードキングダムカップin徳島に参加してきました。
大会参加者は28人。参加費は300円。

思ったより多かったって感じです。あまり見ない人もたくさんきてましたし。

HNはまぁや結婚おめでとう。俺はできる男なのでね。

さらっと大会を振り返ります。

1戦目:星でたら負けの局面で星が出ず返しのターンでしっかり決める。
2戦目:ダブル星ひいて圧勝。
3戦目:トリガーの性能差で快敗。むりでーす。
4戦目:相手がライド事故していたのにこちらもG3にライドできない残念仕様。最後までG2で終わりました。

2-2で予選落ち。最終戦まで残れないとかどこの鉄雑魚だよ。
でも、カーキン側が配慮してくれてみんなに均等にパック2つくれたのはラッキーでした。

パックの中身は糞だったけど。
まあ昼間に2パックでマリリンとデュアルアクス当たったからしょうがないね。

優勝はまさかのノヴァグラップラー。
準優勝はかげろう。まこーしゅうらい賞はイレギュラーズ単色に送られました。
デッキレシピ等は近日中にカーキンサイトに載ると思いますのでそちらで確認してください。

最後にわたしの糞雑魚デッキのレシピ公開。

G3 アルフレッド4枚ガンスロッド1枚バロミデス2枚
G2 ブラブレ3枚ギャラティン3枚ゴードン2枚アカネ2枚
G1 マロン4枚イゾルデ4枚ぽーんがる2枚ガラハッド4枚
G0 ばーくがる2枚リュー3枚オウル3枚エポナ3枚エレイン4枚どらんがる1枚

G3 ソウルセイバー2枚ボールズ1枚バロミデス4枚
G2 ガラハッド4枚アカネ4枚ギャラティン3枚
G1 ガラハッド4枚マロン2枚イゾルデ3枚ぽーんがる3枚といぷがる3枚
G0 オウル4枚エポナ4枚リュー1枚まぁるがる3枚エレイン4枚どらんがる1枚

解説
バロミデスだしてビートします。G1はアカネで呼びます。以上。

いやマジこれだけ。ほかに語ることはないですね・・・。
あ、バロミデスは無理して守る必要はないです。だいたい引いてくるんで。
もちろん持ってないなら全力ガードですよ。毎ターン2点は入れていかないと勝てないです。

ばーくがる禁止によってロイパラの展開力は激減しました。
以前のように常勝というわけにはいかないでしょう。

新環境のロイパラデッキの構築の難しさはやばいです。

G3のV候補は騎士王、セイバー、ローエン、ガラハッドの4枚。
補助的にいれたいのがチャージャー、ボールス、バロミデス、ガンスロッドの4枚。
ブリジッドやアーリーはばーくがる亡き環境では使いにくいです。

新環境のロイパラデッキの構築は以下の型が主流でしょう。

騎士王・バロミ・セイバー・チャージャーから作られる騎士王orセイバー軸構築。
セイバー・バロミ・ガラハッドorローエン・バロミ・ガラハッドで作られるガラハッド軸構築。

正直言えばロイパラ見たらこの3つ以外に型を考える必要はないと思います。

G3の選別ができたところでG2以下を考えます。
ばーくがるがいないので場を埋めるためにどのデッキにもアカネは入りやすい。
またG1ガラハッドが入っているならばG2ガラハッドも入れておいて損はないと思います。
そうなると残る枠をギャラティン・ブラブレ・ゴードンなどの以前のメインユニットで埋めることになりますね。
G1との兼ね合いですが、マロンを抜くならゴードンは入れにくい。
といぷがるをいれてバロミデスでビートしていくならCBはアカネに残して残る枠はギャラティンでしょうね。
少し使いにくいですがPRカードのセイランも入れてみたい気持ちはあります。

G2でこれだけ悩むのだからG1の選別は血を吐く思いです。

マロン・イゾルデ・ぽーんがる・といぷがる(ぼーるがる)・ガラハッド・ユニコーン・リアン・エルフ。
いや正直言って何入れればいいのかわかりません。
上にも書きましたがゴードン入れないならマロン入れなくてもいいかもしれません。
騎士王軸以外にはリアン・ユニコーンは入らないでしょう。
バロミデスを入れたデッキにはといぷがるやマロンをしっかり積んで21000を超える打点を維持したい。
事故防止にはできればガラハッドが欲しい。イゾルデは3枚以上欲しい。

結果としてガラハッド4枚イゾルデ3〜4枚マロンx枚、ぽーんがるx枚、といぷ(ばーる)x枚。

みたいな構築になるんでしょうね。
G1の枚数は13枚〜16枚ぐらいになると思います。
G1が少ない構築の場合ほとんどばーくがるがデッキに入ってます。
アカネ→ばーくがる→ふろうがるのラインで騎士王のパワーを維持します。
G1が多めの構築は今まで通りの戦いをしていきます。
しかし後攻1ターン目で3パンはできないと思います。
R削りが痛すぎるんですよ。アドバンテージの取り方がきつい。

トリガーについては展開力をカバーするために星が多めに入っていると思われます。
スタンドはほとんど入ってないと思われます。初撃がV→Vのデッキが多いのではないでしょうか。
もちろんスタンドトリガーは強いので人によっては星よりこちらを選ぶかもしれません。

だらだら書いて行きましたが、新環境のロイパラはバランスを取るのが難しいです。
安定した戦いは望めそうにないので、結果として尖らせた構築・戦術を取ることになりそうです。
何が何でもガラハッドにライドするデッキ、バロミデスでビートしていくだけの簡単なデッキなどの
突き詰めた感じのデッキが多くなるのではないでしょうか。

新環境のロイパラは工夫のしがいがあります。
バロミが並んだらやっぱりチートクランかよって言われると思いますが、
そこに至るまでの過程・デッキ構築が大変なので気にせずどんどんビートしちゃいましょう。

強いFVと嘆く前に腕と構築でそれをカバー。

それがロイパラユーザーに求められていることではないでしょうか。
私はそう考えます。

オラクル単の構築についてわかってきたことを一度ここにメモしておくことにします。

現環境のオラクルは以下の3枚のG3を軸にしたデッキ構築が主流です。

1.アマテラス
説明するまでもないオラクル最強のカード。第3弾になってもその輝きは失われていない。

2.サクヤ
登場時効果を生かした多種多様な戦術がおもしろい。
TD収録カードなので容易に集められるのも良いところ。

3.ツクヨミ
オラクル初の11000ユニット。条件はきついがうまくライドできればそれだけで大きなアドバンテージ。

まあ、説明するまでもないですね。
この3枚が基本であとはアポロン、メテオをどう加えていくかってところです。
残念だけどマドンナとココは使いにくいので選択肢としては2番手って感じです。

一般的な構築ではG3はV向きユニット4〜5枚、R向きを2枚〜4枚が多いです。
しかし、オラクルに限っていえばアマテラス・サクヤとかアマテラス・ツクヨミとか
Rではあまり生きないV向きのユニットをたくさん積むデッキ構築が目立ちます。

それは再ライドを主眼にしたクランだからでしょう。

同じくV候補でG3を構築するロイパラの騎士王・セイバーとは少し主眼が違っているわけです。
注)こちらはぽーんがるでデッキ圧縮+バニラ確保+ライド事故回避。
もちろんセイバーソウルフルブラスト使うぜ〜っていう人もいるかもしれませんが・・・ね。

さて話をオラクルに戻します。
そういうわけでオラクルはV候補でG3を固めるデッキ構築が目立ち始めています。
特に先日発売のツクヨミを軸としたツクヨミ・アマテラスは
来週ぐらいから急激に増えてくるのではないでしょうか。

そこで今回は専守防衛ツクヨミサイクルという名のツクヨミ軸を紹介します。

G3 満月ツクヨミ3枚アマテラス3枚メテオ2枚
G2 半月ツクヨミ4枚ワイズマン3枚セキュリティ4枚
G1 三日月4枚ジェミニ4枚しょこら3枚ばにら3枚
G0 サイキックバード4枚ミラクルキッド4枚ドリームイーター4枚ロゼンジメイガス4枚神鷹 一拍子1枚 

満月4枚じゃないの?っていう人も多いと思いますが3枚に抑えているのは9000Vライド事故回避目的です。
正直いうと満月を4枚にしたから事故確率が下がるってわけじゃないんです。
むしろ9000バニラでライドする可能性があがるだけです。
ソウルにあの2枚(三日月・半月)を入れないと始まらないんです。
けどオラクルでソウルチャージできるのはブルーアイとアマテラスの2枚だけ。
加えて三日月・半月の順番にライドしないとソウルチャージできないのも少し痛い。

これがネックだから構築が難しいのです。

この弱点に対して私はひとつの妥協案を見つけました。
満月ダメならあきらめて他でビートしていく・・・と。
だからこのデッキはアマテラスにライドしてメテオでビートしていくことを構築になっています。
キーカードはダークキャットではなく大量に積まれたドロートリガーで引き込みます。
ドロートリガーのネックは素引とデッキ内シールド値がさがることですが、
ソウル6枚になればシールド値が増えるばにらとエスペシャルインターセプトを多めに積むことで解決。

ブロケード?なにそれこわい。それ来たら詰むわ。

サイレントトムは枠がありませんでした。

10000Vに対して20000パワーでビート。
そういうコンセプトの混色デッキ。決まれば強い。

G3 オバロ4枚エクス2枚ボーテックス1枚
G2 ネハーレン4枚フレイムエッジ3枚クリムゾン4枚
G1 バー4枚ゴジョー4枚バリィ3枚ターコイズ4枚
G0 コンロー1枚ター4枚ラクシャ4枚ドラコキッド4枚ゲンジョウ4枚

オバロエクスの変化形。
クリムゾン・ビートテイマーがソウルにいるときターコイズはパワープラス3000。
これとオバロ・エクス・クリムゾンの3枚で20000パワーでビートしていきます。
後列にターコイズを配置できれば前衛は前述の3枚のどれでもいいのが強み。
さらにVの後ろにおければオバロが毎ターン20000で殴ることも可能です。

現環境はオラクルが少し抜けているのでそれに対するメタになっているかも。
あ、ツクヨミきたらボーテックスorエクス+ターコイズで!
以上デッキ作成者アニキでしたー。

ディノカノスはVとしては弱かった。弱かった。弱すぎる。

G3 暴君デスレックス4枚ギガレックス2枚
G2 キャノンギア3枚プライトプス4枚メガレックス4枚
G1 ソニックノア4枚アークバード3枚スカイプテラ4枚サベイジ2枚
G0 シールドン3枚ドラゴンエッグ1枚シャーマン4枚タイニィ4枚タイガー4枚プルート4枚

ライド事故率は高くなったけど暴君Vにならなきゃだめなのかもね。

みなさんごきげんよう。
今日はたちかぜデッキをご紹介。

G3 暴君デスレックス4枚ディノカノス4枚
G2 キャノンギア3枚プライトプス3枚メガレックス4枚
G1 ソニックノア4枚アークバード3枚スカイプテラ4枚サベイジ2枚
G0 シールドン2枚ドラゴンエッグ1枚シャーマン4枚タイニィ4枚タイガー4枚プルート4枚

プライトプスとシールドンを増やしてG3を減らす構築もあり。
G1を13枚G2を11枚にすれば展開力もつきそう。
今回このデッキは積極的にスペリオルを狙います。
特にライド事故したときはこれがあるかないかで大きく勝率が変わりそうです。

無難なプレイを求められるのでプレイングがうまくなるクランかもしれませんね。

このページのトップヘ